ビジュアルポイ・グラフィックポイ (LEDジャグリング)とは

「ビジュアルポイ」とは空間に画像や文字の軌跡を浮かび上がらせることができる、プログラム可能なLED ポイ* のことです。

身体表現とLEDテクノロジーが生み出す幻想的で美しいパフォーマンスは、見る人を虜にする新しいアートパフォーマンスとして注目されています。

*ポイとはニュージーランド・マオリ族を起源とし、紐の先にボール状のおもりが付いた道具、またその道具を使って踊るダンスのことです。ジャグリングやファイアーパフォーマンスの一種として人気のあるパフォーマンスアートです。

ポイとは
ビジュアルポイv4 Visual Poi V4

ビジュアルポイv4 Visual Poi V4

基本情報

ビジュアルポイ

ビジュアルポイの仕組み

光の残像効果

ビジュアルポイはおおよそ1秒間に2000回(最大4300回)点滅し、画像データを表示しています。

高速に点滅する画像を回転させることで、見ている人の網膜に残像が残り、まるで空間に画像が浮かび上がっているかのように見えます。



ビジュアルポイの種類

ビジュアルポイは異なるサイズののポイが3種類あり、また同じ仕組みを使ったビジュアルワンド、ビジュアルフープ、ビジュアルクラブなど複数種類があります。

国内ではポイショップからご購入いただけます。


ビジュアルポイ、グラフィックポイ、ピクセルポイの違い

ビジュアルポイ、グラフィックポイ、ピクセルポイはいずれのポイもLEDを使用し、空間に描く画像をプログラム制御するプロパフォーマー用のLEDポイでメーカーが異なります。

グラフィックポイ Graphic Poi

スロバキアのメーカー、A Technologies の製品。
2012年に製品プロモーション動画の撮影協力でYutaが現地で主演する撮影に参加しました。
現在一般向けの販売は行っていないようです。

 動画
グラフィックポイ

ピクセルポイ Pixel-Poi ®

最も最初に作られたと思われる画像表示可能なポイ。イギリスのパフォーマンスグループ Feeding the Fish が発案し同グループでのみ使用されていた道具です。
LED1つ1つのピクセルを制御し空間に表示する、という意味でピクセルポイが道具の性質を最もよく現した名称であり、世界的には"Pixel Poi"が同様のポイを指す一般的な名称でした。

しかしPixel-Poi ®は商標登録されているため自由に使用できないため、各社異なる名前でポイを販売しています。

 ウェブサイト
ピクセルポイ

ピクセルポイ Pixel-Poi

ロシアのメーカー Ignis が販売しているポイ。ロシアでYutaがIgnis社のポイを実際に使用し、当時としては画期的かつ安定性の高いシステムであったため、2014年~国内でポイショップが輸入販売していました。

他メーカーと比べ少しLEDの色が青によっているため、色補正が大変でした。

 動画
イグニスピクセルポイ

ビジュアルポイ Visual Poi

チェコのメーカー lighttoys 社の製品。2015年~国内での販売をPOISHOPでスタートしました。現在最も高性能なソフトウェア、信頼性の高いハードウェアを提供しています。

 動画
ビジュアルポイ

使用方法

ビジュアルポイの回し方

ビジュアルポイは回転させれば見る人の目に軌跡が残像として残るため、単純に振り回しても使用可能です。しかしパフォーマンスとしてより魅力的に見せるためにはポイの基礎スキルが必要です。
代表的な技を紹介いたします。

3 ビートウィーブ(前まわし)

習得までにかかる時間: 1時間~
※安定して回せるまで数日

ポイを左右で3回ずつバランスよく回転させる技。ビジュアルポイで画像を表示する際に、最も視認性が高い動きの一つです。

ウィンドミル

習得までにかかる時間: 2時間~
※安定して回せるまで数日

頭上で風車のようにポイを回転させる技です。
難易度は高いですが高い位置で回すため見栄えがします。

スキルトイ(Skill Toy)としてのポイ

ビジュアルポイを使用したパフォーマンスは上記の技の他、様々な難易度の技があり、それぞれのレベルにあった振付を作ることが可能です。
けん玉やヨーヨー、ジャグリング等のように、新しい技に挑戦し、技術の上達を楽しむ「スキルトイ」と呼ばれる道具の側面もあります

それまではできなかった技術に挑戦し、できるようになる。習得した技を使って音楽に合わせたダンスパフォーマンスとして最終的に発表できるので、その成功体験は見ている人にわかりやすく、イベント企画者・演出家の皆様からも大変人気の高いパフォーマンス道具です。

初めてのビジュアルポイパフォーマンスまでの流れ ポイの回し方

企画例

高難易度の技を使ったビジュアルパフォーマンス例

技の引き出しが多いほど表現の幅は広がり、音楽と一緒に自由に踊ることができます。より高度な技を含む、無料のオンラインレッスンを公開しているので興味のある方は参考にしてみてください。

オンラインレッスンサイト

本来の形状をしたポイのパフォーマンス例

本来ポイは、紐の先にボール状のおもりが付いた道具のことを指します。シンプルな構造のポイはより自由度が高く、ダイナミックなパフォーマンスができます。

ポイにはビジュアルポイの他にもテールポイやソックスポイ、ファイアーポイなど様々な種類のポイがあります。ソックスポイは自分で作ることもできるので是非実際にポイを手に取り、回してみてください。

ポイとは

プログラムの作成

プログラム

1/1000秒単位で制御できるソフトウェア Lt Composer を使用し、あらかじめ表示させる画像を作成し、表示時間や表示速度を指定してプログラムします。
画像を空間に投影するだけでなく、振付にぴったりと合った発光パターンを組み込むことで身体表現と一体となったパフォーマンスを行うことができます。

プログラムを作成する際に必要なスキルとして

  • それぞれのポイに最適化させた画像の作成
  • 音楽と振付に合わせたタイムラインの作成
  • 効果的な演出を目的とした特殊な発光パターンの作成

などがあり、パソコンスキルだけでなく、使用するポイの技、音楽的知識など、複合的な要素が求められます。

複数人でのパフォーマンスを組み合わせるためには

  • グループショーのポイ・ダンスの構成力
  • 複数の光を連携させる光の構成力
  • 各々の振り付けに対する理解力
  • パフォーマー・ダンサーの動きの理解

など、より多角的な能力が求められます。
作る側のスキルや意欲があれば可能性は無限大、これまでのLEDショーの何倍も何十倍も凄いショーが作ることができます。
その反面の労力も通常のショーよりはるかに大きくなります。

特殊効果

ビジュアルポイの特徴を理解し、緻密な計算のもと画像作成・時間制御を行えば色々な特殊効果を作ることができます。Yuta発案による様々な特殊効果はメーカーからも高い評価を受けるオリジナルの演出がたくさんあります。

トーチ
照明演出
花火
導火線~花火

その他の特殊効果例

特殊効果・照明演出動画リスト

使用例

パフォーマンス

ポイラボ、Yuta個人によるパフォーマンス出演例

パフォーマンス履歴


舞台演出使用例

舞台、ライブ、メディア等でのビジュアルポイ使用例。

舞台演出使用履歴


写真撮影 使用例

ビジュアルポイを使用した写真撮影例。

問い合わせ

出演・協力

ポイの第一人者Yutaが主宰するポイラボは技術指導、振付作成、プログラム制作、機材手配、映像・写真撮影技術協力など、ポイに関することなら何でもサポートいたします。お問い合わせページよりお問い合わせください。

お問い合わせ

機材購入

ビジュアルポイは国内ではポイショップが唯一メーカーから販売許可を得て輸入しています。その他のLEDポイ、テールポイ、練習用のポイもございますのでポイの購入を検討される方はポイショップをご覧ください。

ポイショップへ »

更新日: