ポイの回し方

ポイの基本の回し方を覚えで、自由に踊れるようになろう!

毎日練習すれば2~3週間、のんびり練習して1,2か月で習得できるポイの基本の回し方をご紹介します。

練習を始める前に手首・肩などのウォーミングアップを行いましょう。
周囲にぶつかるものがない広い場所で練習しましょう。
ポイレッスン

ウルトラポイ

ウルトラポイ

ひらひらと華やかなテール付きのポイ。回している本人も、周りで見ている人たちもみんなで楽しめる爽快なポイです。

POI SHOPへ
ソックスポイ

ソックスポイ

安価で手に入れやすく、コンパクトなので、つねにカバンに入れておけるポイです。

POI SHOPへ
ポッドポイ

ポッドポイ

回しやすさ、可愛さ、LEDの美しさ、全てにおいて高次元で完成されたLEDポイです。

POI SHOPへ
前まわし後ろ回し
前まわし後ろ回し
難易度:

ポイの基本の前回し、後ろ回し。
縄跳びと同じように回します。

左右平行に回すように心がけましょう。

キャリーターン
キャリーターン
難易度:

ポイの基本のターンです。

自由に動けるようになるための第一歩!

スプリットタイム
スプリットタイム
難易度:

セイムタイムから180度ずらして、ポイが回るリズムを「スプリットタイム」と呼びます。
綺麗にスプリットタイムのリズムをとることができるようになると、POIがまるで1本の棒であるかのように見えます。

※左右のPOIが同時に回転するリズムをセイムタイム、またはトゥギャザータイムと呼びます。

スプリットタイムキャリーターン
スプリットタイムキャリーターン
難易度:

スプリットタイムのリズムで行うキャリーターンです。

基本の手の返し方(8の字の動き)
基本の手の返し方(8の字の動き)
難易度:

ポイには体の前でポイを交差させる動きが多数あります。その基本となる手の返し方を練習しましょう。

交差
交差
難易度: ★★

ポイを体の前で交差させる動きです。ポイが上から下に下りてくるときに交差させましょう。
ポイが絡まるときには少し大きく回したり、ゆっくり回してみましょう。

2ビートウィーブ
2ビートウィーブ
難易度: ★★

交差の動きをスプリットタイムで行うととても美しく、かっこいい動きになります。
この動きは"ウィーブ"と呼ばれ、左右でそれぞれ2回ずつ回転しているので2ビートウィーブと呼ばれます。

この動きをスムーズに習得するために、「手の返し方」のレッスンを必ず先に見てください。

3ビートウィーブフォワード(前回し)
3ビートウィーブフォワード(前回し)
難易度: ★★

ポイの回し方の最初の難関、スリービードウィーブ!見た目には難しそうですが、順番にじっくりやればできるようになります!

3 ビートウィーブバックワード(後ろ回し)
3 ビートウィーブバックワード(後ろ回し)
難易度: ★★★

3ビートウィーブの後ろ回し、バックワードスリービートウィーブ。
バックワードスリービートウィーブはフォワードスリートウィーブを順番に逆にしていけば出来ます。
フォーワードスリービートウィーブで練習した手順をひとつずつ逆に行っていきましょう。

3ビートウィーブターン
3ビートウィーブターン
難易度: ★★★★

前まわしの3ビートウィーブと後ろ回しの3ビートウィーブをつなぐターンです。

3ビートウィーブ往復ターン
3ビートウィーブ往復ターン
難易度: ★★★★★

3ビートウィーブのターンを繰り返し行う往復ターンのやり方です。

スムーズにできるととても見栄えの良い動きになります。

ウィンドミルのやり方その1
ウィンドミルのやり方その1
難易度: ★★★★

まずは片手で練習しましょう!

ウィンドミルのやり方その2
ウィンドミルのやり方その2
難易度: ★★★★★

体の前で一度回してからウィンドミルへ入ります。

3ビートウィーブからウィンドミルへのつなぎ方
3ビートウィーブからウィンドミルへのつなぎ方
難易度: ★★★★★

後ろ回しの3ビートウィーブからウィンドミルにつなげましょう。

ビジュアルポイ 基本のキャッチ
ビジュアルポイ 基本のキャッチ
難易度:

スティックタイプポイで多用するキャッチの基本。

ビジュアルポイ 基本のキャッチ スプリットタイム
ビジュアルポイ 基本のキャッチ スプリットタイム
難易度: ★★

基本のキャッチをスプリットタイムで行います。

ウィンドミルキャッチ
ウィンドミルキャッチ
難易度: ★★★★★

ウィンドミルでのキャッチ。かっこいい動きです。

ウィーブスタート
ウィーブスタート
難易度: ★★★

ポージングからウィーブをスタートする流れです。

アイソレーション
アイソレーション
難易度: ★★★★★★★

ふわふわポイが回るアイソレーションの基本です。

習得に1ヶ月以上かかります。

無限スパイラル(インフィニットスパイラル)
無限スパイラル(インフィニットスパイラル)
難易度: ★★★★★

Thomas, Cyrilleが2009年Firedrumsで発見した動き。一度手首に巻きつけて合唱することで無限にしかもとても簡単にスパイラルを続けることができます。

コスモ君
コスモ君
難易度: ★★★★★★★

ターンの組み合わせで生み出した動きです。
名前を考えているうちにコスモ君と周囲が呼び出し、定着しました。

コスモ君とはつくば万博のマスコット、「コスモ星丸」君のことらしいです。

3回転 スプリットリールピルエット
3回転 スプリットリールピルエット
難易度: ★★★★★★★

1.5周ピルエットをつなげてつくる3回転ピルエット。
まずは1.5ピルエットのハイ、ローをマスターしてください。

オービタル
オービタル
難易度: ★★★★★★★

グロースティッキングの技をポイに応用した動きです。
高速回転するpoiは凄く綺麗です。日本に遊びに来たNick Woolseyの華麗なオービタルを見て自分もちゃんと練習しようと決意しました。