韓国冬季オリンピック・文化オリンピックで火付盗賊として出演いたしました!

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

日経MJ にポイが特集されました!

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

日経MJ.jpg画像をクリックで拡大閲覧可能です。

日経MJ にポイが特集記事で掲載されました(2018年1月8日(月)発行)。
ハンドスピナーの次に回るのはポイ!
2018年はポイがもっと流行りそうです!

昨年12月の井の頭ポイでポイに取材しに来ていただき、その場に参加していた皆さんの練習会を順番に取材してくださいました。
新宿雑技団や大学のサークルをめぐり様々なポイのコミュニティーでポイを体験し、ポイの魅力をしっかり記事にしてくださって嬉しいです!

有難うございました!

【掲載関連リンク】
井の頭ポイ
https://www.facebook.com/groups/inopoi/

新宿雑技団
https://www.facebook.com/groups/397750595461/

大正大学 パフォーマンス研究会じゃぐだっく
http://jagdack.wixsite.com/jduck/blank

芝浦工業大学 Shangri-La
http://webcontinent.sakura.ne.jp/wp-shangrila/

ポイコレ
https://poispinnerscollection.jimdo.com/

グラフィックポイ(ビジュアルポイ)
http://poicommunity.com/aboutgraphicpoi.php

ビジュアルポイV4 デモ動画 | Nikon D850 FDR-AX100

9月に発売開始したビジュアルポイV4シリーズのデモンストレーション動画です。

撮影に使用した機材はNikon D850とSony FDR-AX100、D850のダイナミックレンジの広さとノイズの少なさに驚愕しました。
現在ポイラボにある機材でNikon D850が最優秀カメラとなりました。
(自分の持っているキヤノンはLEDの軌跡は途切れるしノイズもひどい、全く使い物にならない。ワイヤレスのストロボ後幕もできない。本当に残念、キヤノン頑張ってください(涙)

ビジュアルポイ V4(最新型グラフィックポイ)の仕様比較

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

2017年9月に販売開始となったビジュアルポイ V4シリーズの仕様まとめです。

2015年からポイラボではLightotoysへ様々なフィードバックを送ってきましたが、それら多くの改善点が搭載された新型です。
現在も細かなフィードバックを送り協議を重ねており、2018年には更に魅力的なファームウェアアップデートが行われる予定です。

★ポイが初めてのかたはポイとは?を合わせてご覧ください。

Godox Xpro-C で V860CII を後幕ワイヤレス撮影する手順

Godox Xpro-Cで後幕撮影が可能だったのでその手順のメモ。使用したカメラ 6D MkIIです。

ちなみにマニュアル発光での撮影であればXT32でまず問題ないので、お安く済ませたい方はXT32をお勧めします!
TTLが使用可能で各グループへの設定が物理的にワンタッチになっているデザインなど、スピード感のある操作性が欲しい方はXproがおすすめです。

XproではBulbモードでは後幕での撮影ができないことがわかりました。XT32ならばETTLは使用できませんが後幕が可能なのでがポイやライトペインティング用の撮影では一番お勧めです。全てをトータルで考えると、多少高くてもETTL使用可能でバルブでの後幕も可能なヨンノウのYN622が最強なのでは・・・?という結論になりそうです。

Products_Remote_Control_XproC_TTL_Wireless_Flash_Trigger_01.jpg

ビジュアルポイの軌跡が正しく撮れるカメラ、撮れないカメラのリスト 2017年12月ver

IMG_0193.JPG

ポイの軌跡をとるためには照明、カメラ露出など様々設定条件ながありますが、第一に機械構造的な制約があります。一部の一眼レフ等の静止画がメインのカメラは動画撮影時のシャッター速度が表示されている値よりも実は短くなっている場合があります(原因はわかりません)

そのためスペック的に申し分ないカメラでもポイの軌跡を撮ると途切れてしまう場合があるので要注意。

以下のリストはポイカメラチームが実験した結果です。今後実験を重ねるたびに追加していきます。

過去の記事も参考にご覧ください。