六本木アートナイト 2017

蜷川実花‪プロデュース TOKYO道中‬ 六本木ヒルズ アリーナ

ビジュアルポイを用いたパフォーマンスでTOKYO道中のオープニングアクトを行いました。

#oipro


本案件の担当者

Tomo

2000年、オーストラリアでファイヤーダンスに出会う。2002年より国内の音楽イベントを中心に活動を開始。抜群のリズム感から生まれる音楽との一体感で、多くの観客を魅了するパフォーマー。またジャパンファイアーフェスティバルの主催者として、ファイアーパフォーマンスの普及にも注力している。

Asuka

5歳より踊りはじめる。日本女子体育短期大学舞踊専攻卒業PDC(プロフェッショナルダンスセンター)にて、スカラシップを2年取得後、フリーで活動 ジャズダンス、コンテンポラリー、クラシックバレエを得意とし、ダンサー、インストラクター、パフォーマーとして様々なジャンルで活動中。

KiM

2006年、大学入学と共にジャグリングサークルに所属、ポイを始める。2007年のJapan Fire FestivalのFire Contestにて全くの無名の状態から優勝、一躍脚光をあびる。見る者を引き込む独自の世界観を作り出すエンターテイメントとアートの両方の側面を持つパフォーマンスを行っている。

Misaki

coming soon ...