歌合 乱舞狂乱 2019 - ミュージカル『刀剣乱舞』 ビジュアルポイ指導・振付・プログラム協力 - ポイラボ - POI LAB 歌合 乱舞狂乱 2019 - ミュージカル『刀剣乱舞』 ビジュアルポイ指導・振付・プログラム協力 - ポイラボ - POI LAB

歌合 乱舞狂乱 2019 - ミュージカル『刀剣乱舞』 ビジュアルポイ指導・振付・プログラム協力

  • 出演・協力日:
  • 担当:Yuta, Asuka
  • サポート:KiM, Hiroki
  • Category:
https://musical-toukenranbu.jp/pages/utaawase_ranbukyouran

歌合 乱舞狂乱 2019 - ミュージカル『刀剣乱舞』の「獣」にて、ビジュアルポイを使用したパフォーマンスの技術指導・振付・プログラムでポイラボ参加いたしました。

今年は9場所26公演、昨年にも増してたくさんのかたにポイを見て頂くことができ、また刀剣男士のみんなもカッコよくポイを披露してくれてとても嬉しく思います

※ポイをご存じない方はポイとは?も合わせてごらんください。
*グラフィックポイは別メーカーの機材です。刀剣乱舞ではビジュアルポイを使用しております。

歌合 乱舞狂乱 2019 - ミュージカル『刀剣乱舞』 ビジュアルポイ指導・振付・プログラム協力

【振付】

本山新之助さんの構成のもと、見栄が最適になるような振付を作成、スイングパートを行なった全10振の刀剣男士へウィンドミル・ウィーブ・クロスキャッチなどの指導を行いました。

【プログラム】
それぞれの紋、ペンライトカラーを反映させ、音楽に合わせた電飾効果もプラスした20の個別のプログラムを作成し完全に音と同期させました。全公演・リハーサルとも成功率100%で全行程終了しました。
バックアップ用の予備含め、20セットを使用しました。

振付・技術指導:Yuta, Asuka
プログラム:Yuta
サポート:KiM, Hiroki,


本案件の担当者

Yuta

ポイラボ代表。ポイの可能性を広げ、新たな表現を開拓するポイアーティスト。現代ポイの第一人者の一人として世界的に知られる。世界トップレベルの高いポイスキルはもちろん、音楽と一体となり舞う独特のスタイルは世界中のポイパフォーマーに多大な影響を与えている。パフォーマーとしての活動のほかポイ文化の育成・発展のための活動にも注力している。

Asuka

5歳より踊りはじめる。日本女子体育短期大学舞踊専攻卒業PDC(プロフェッショナルダンスセンター)にて、スカラシップを2年取得後、フリーで活動 ジャズダンス、コンテンポラリー、クラシックバレエを得意とし、ダンサー、インストラクター、パフォーマーとして様々なジャンルで活動中。

KiM

2006年、大学入学と共にジャグリングサークルに所属、ポイを始める。2007年のJapan Fire FestivalのFire Contestにて全くの無名の状態から優勝、一躍脚光をあびる。見る者を引き込む独自の世界観を作り出すエンターテイメントとアートの両方の側面を持つパフォーマンスを行っている。