けやき坂46(ひらがなけやき)/ひらがな全国ツアー2017 FINAL!幕張2DAYS

  • 出演・協力日:
  • 担当:Yuta, Asuka, KiM
  • サポート:Misaki, Yukko, Hiroki, Oishin
  • Category:
http://www.keyakizaka46.com/

けやき坂46のメンバーの皆さんが名古屋で披露したポイ演出を、ツアーファイナルでメドレー演出として再演出いたしました。

会場・人数・曲尺の変更に伴い、振付の調整、プログラムの再作成を行いメンバー11名によるポイパフォーマンスを演出いたしました。

メンバーの皆さんは素晴らしいパフォーマンスで幕張メッセを盛り上げてくれました。

振付:Asuka
プログラム:Yuta
振付、プログラムサポート:KiM

振付作成協力:Misaki, Yukko, Hiroki, Oishin,


本案件の担当者

Yuta

ポイラボ代表。ポイの可能性を広げ、新たな表現を開拓するポイアーティスト。現代ポイの第一人者の一人として世界的に知られる。世界トップレベルの高いポイスキルはもちろん、音楽と一体となり舞う独特のスタイルは世界中のポイパフォーマーに多大な影響を与えている。パフォーマーとしての活動のほかポイ文化の育成・発展のための活動にも注力している。

Asuka

5歳より踊りはじめる。日本女子体育短期大学舞踊専攻卒業PDC(プロフェッショナルダンスセンター)にて、スカラシップを2年取得後、フリーで活動 ジャズダンス、コンテンポラリー、クラシックバレエを得意とし、ダンサー、インストラクター、パフォーマーとして様々なジャンルで活動中。

KiM

2006年、大学入学と共にジャグリングサークルに所属、ポイを始める。2007年のJapan Fire FestivalのFire Contestにて全くの無名の状態から優勝、一躍脚光をあびる。見る者を引き込む独自の世界観を作り出すエンターテイメントとアートの両方の側面を持つパフォーマンスを行っている。