ビジュアルポイの軌跡が正しく撮れるカメラ、撮れないカメラのリスト

IMG_0193.JPG

ポイの軌跡をとるためには照明、カメラ露出など様々設定条件ながありますが、第一に機械構造的な制約があります。一部の一眼レフ等の静止画がメインのカメラは動画撮影時のシャッター速度が表示されている値よりも実は短くなっている場合があります(原因はわかりません)

そのためスペック的に申し分ないカメラでもポイの軌跡を撮ると途切れてしまう場合があるので要注意。

以下のリストはポイカメラチームが実験した結果です。今後実験を重ねるたびに追加していきます。

過去の記事も参考にご覧ください。

撮影できるカメラ

機材名評価メモAmazon
Sony FDR-AX700 ★★★★★ 1インチセンサー搭載の4Kカメラ、AX100の待望の後継機種。SDカードデュアルスロット、高速AFのファストハイブリッドAF、4KHDR撮影等、より進化した最高クラスの民生機。4K 60Pには非対応ですがポイの記録用としては申し分ありません。普段細かな設定を行わない一般的な撮影を行う人にとっては、設定項目が多すぎて慣れるまでは大変かもしれませんが文句なしの高画質、予算に余裕があれば買って後悔のない1番お勧めできるビデオカメラです。 2017.12
Sony FDR-AX100 ★★★★★ 手軽に撮影できる4K、1インチセンサー搭載のビデオカメラで、発売以来他社に抜かれることなく最高のカメラとして君臨しています。AF等が進化した後継機がでましたが基本画質は大きく変わっていないので、コストパフォーマンスが高いです。 2017.12
Nikon D850 ★★★★

フルサイズセンサー搭載、フルフレーム4K撮影可能写真性能で評価の高いフカメラですが、動画を撮って驚き、これまで手持ち機材で圧倒的No1だったAX100を超える繊細な映像、ノイズレスな画に驚きました。2017.12月現在ポイカメラの機材の中でダントツ画質の良いチャンピオンです。 ただ基本は一眼レフなので本格的な撮影を行う場合は良いですが、パフォーマンスを置きっぱなしで撮影、誰かに預けて撮影、という用途には向きません。

その他同メーカー D800, D7500,も撮影可能。
2017.09

GoPro 5 ★★★

センサー:CMOS (1/2.3 inch) 4K対応。アクションカムの定番GoPro。シャッタースピードを1/30にすることで30P時に軌跡を撮ることができます。4K撮影時にはプレビューで正しく表示されませんが記録はきちんとされています。Gopro6でもおそらく撮影可能と思われますがまだ実験していません。

Dji Osmo + ★★★

アプリからの設定でシャッター速度の調整が可能で、センサーもビデオ向けのため軌跡が綺麗に取れます。手振れのないダイナミックな映像が取れます。ただ1/2.3" CMOSと、あまり大きくはないので高画質を求める場合はその他のカメラがおすすめ。あと音は全然ダメです。

2017.12

iPhone 8, 8Plus, 7, 7Plus他 ★★★

シャッター速度の制御可能なアプリを使えば撮影可能です。 Procam ヤメラ

-
FUJIFILM X-T2 - APS-Cセンサー搭載。期待せずにカメラ屋で実験したところ、問題なく撮れることが発覚しました。 2017.12

その他の撮影できるカメラ

Sony FS7, Blackmagic Cinema Camera シリーズ, RED Digital Cinema, Phantom HD GOLD, Canon C100, C300, 等。

撮影できないカメラ

Canon

6D, 6D MkII, 5D Mk IV, etc... 一眼レフ全般 はっきりギャップが見えます。マジックランタンによると1/30と表示されているが実際は1/33です。

PowerShot G1 X Mark III, G7X, ギャップは小さめですがエコーをかけると一目瞭然。

Sony

α9, α7II, α7R III,α6500 かなりギャップは小さいですがエコーをかけると一目瞭然。残念です。

トラックバック(0)

コメントする